①前洗いに

食洗機を使うとき、事前に浸け置きなど汚れを落としてから入れるかと思いますが、この浸け置きや事前洗いにとても効果的です。
食器を浸け置きをしておきるう場合、お湯を張った桶の中に海をまもる洗剤をワンプッシュ入れることで、油汚れがお皿から剥がれ落ちやすくなります。
また、落ちた油汚れは分解されるので、そのままお湯を排水口から流しても、オイルボールで排水口を詰まらせる心配はありません。
浸け置き洗いをしない場合などには拭き取りなどをしながら汚れを落としてから、食洗機に入れましょう。

②食洗機に

浸け置きをすればほとんどの汚れは落ちていますし、事前の拭き取りでかなりの油や汚れは落ちていますので、たくさんの洗剤を入れる必要はありません。投入量は1プッシュ(1ml)で充分です。
食洗機自体の清掃にもなりますので、食洗機自体の清掃もほとんど必要なくなります。

 

業務で使用される場合には、①の浸け置き洗いをすることでグリストラップの清掃が大きく改善します。
(なお現状、すべての家庭用食洗機あるいは業務用の食洗機でテストをしているわけではありませんので、あくまでもご自身の責任のもと使用してください。)